2019年01月02日

【2019】新年のご挨拶 New Year Greetings 新年的问候

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

2018は、「仮想通貨」からはじまり「暗号資産」で終わりを告げた年でした。

 金融に関する規制なども色々とはじまり「お金(通貨)とは?」を考えさせられた
1年でもありました。
 並行して、「ブロックチェーン及び分散型台帳技術」を進めていましたが、新しい
分野であるので専門的な知見も身に着ける機会になり、あらゆる分野に使われる
「社会基盤」になる動きも出てきた事を認識できた1年でもありました。
併せて、基本的な考えは変わっていないが新しい技術も見え隠れする事も気づきまし
た。
今後として、IoT、AIと量子コンピューター、5Gなどなどの組み合わせで
 世界がどうなるのか?スピードと結果を求めるのか?
2019年は「ワクワク・ドキドキ感」満載な年にしたいです!
今年も、宜しくお願い申し上げます!

I wish to express my gratitude to the New Year.

2018 was the year that started from "virtual currency" and ended with "encryption asset".

Regulations on finance and so on also started variously, and they thought about "money (currency)"
It was also a year.
In parallel, we were promoting "Block Chain and Distributed Register Technology", but new
Since it is a field, it becomes an opportunity to wear specialized knowledge and it is used in all fields
It was also a year that I could recognize that the movement to become a "social infrastructure" came out.
At the same time, I noticed that the basic idea has not changed, but the new technology also disappears
It was.
As future, IoT, AI with quantum computer, 5G etc. in combination
What will become of the world? Do you seek speed and results?
I want to be a year full of "exciting and excitement" in 2019!
This year, thank you!

我想对新年表示感谢。

2018年是从“虚拟货币”开始,以“加密资产”结束的一年。

关于金融等的规定也各不相同,他们想到“钱(货币)”
这也是一年。
与此同时,我们正在推广“块链和分布式寄存器技术”,但新的
由于它是一个领域,它成为一个佩戴专业知识的机会,它被用于所有领域
这也是我认识到成为“社会基础设施”的运动出现的一年。
与此同时,我注意到基本思想没有改变,但新技术也消失了
是的。
作为未来,IoT,AI与量子计算机,5G等组合在一起
世界会变成什么样?你寻求速度和结果吗?
我想在2019年充满“令人兴奋和兴奋”的一年!

posted by Blockchainer Ishigami at 18:08| Comment(0) | 総合

2018年12月03日

【181130】Cybertech TOYKO2018 SFC 斎藤先生

SFCの斎藤先生から、ブロックチェーンのお話。

基本的に、ブロックチェーンでは、今のところ汎用的に使うのは難しい。(斎藤先生 談)
確かにそうである、色々なブロックチェーン及び分散型台帳技術はまだ、発展途上である。
AブロックチェーンをBブロックチェーンを即座につなげる、インターフェスも育ってない。

UX/UIを追求した、ブロックチェーンプラットフォームもまだである。

KIMG0866.JPGKIMG0868.JPG


新しい、形のブロックチェーンである。
現状は、ブロックチェーンに書き込まれるデータを認証するシステムがない。
ブロックチェーンに書き込まれるデータの認証を追加した形である。

href="http://econeko.sakura.ne.jp/sblo_files/blockchain/image/KIMG0869.JPG" target="_blank">KIMG0869.JPG

ブロックチェイナー
      石神勝博
posted by Blockchainer Ishigami at 16:08| Comment(0) | 総合

2018年11月15日

【181108】DEX(分散取引所)などの現状

【181108】DEX(分散取引所)などの現状

KIMG0349.JPG

箇条書きですが。平謝り
https://radarrelay.com/
*Wallet to Wallet
*Ox Protocal
*Ledger MetaMASK

ETH,WETH 間の取引
(ERC20でない)
WETH:https://individua1.net/canonical-weth-erc20/

トークン・アローワンス関数 :https://tokenallowance.io/jp/index.html

RADAR 内だけ?172トークンがある。(未確認)

RELAYが色々と存在。スプレッドは
BOTの取引はどれぐらい?ON CHAINで見える?

おおきまき(さなぎまき)Dapps
東さん
+α 

OxDapps Ixとか競合、カイバー(大量注文ができる、少量でも)Idex。
スマートコントラクトが必要。

オードブックはOFFチェーン(仮)ONチェーン(本取引)

競合プラットフォーム
Oxはオフチェーンが多いのでスピードがはやい。注文作るなら、GASがかからない。

KYC:DEXはKYCをしなくて使える?RADARは全くKYCしていない。
法律的に難しいのでは?リストからのアドレスは取引ができる。(この辺りのやりとりは、非常に重要だけど、技術より規制を抑える必要があると、著者は感じる)

コインベースはバンク化へ。
テクノロジーベースでは、DEXは違う方向性。(バンク化へ)
KYCは?日本国内では、DEXは難しいので。KYCを利用して、DEXを使う。
DEXは、日本で普及するのか?規制で難しいのでは?

日本向けのKYCができたら、KYC管理になるのでは。
KYC管理は集権的取引所が多い、DEXは少ない。

DEXは増えている。
中央集権と非中央がコンビニエンスされる。(これも、規制で外圧か圧倒的なメリット)

DEXの問題、ユーザーに日本人は少ない。ウォレットをラップイーサに変える。(簡易化)

ステーブルコインが増える?(→規制がなかれば、そこそこ行くでしょう)
https://coiner.jp/stablecoin/

WTC:メジャーコインのエコシステムが必要。
ERC721トークン:規制外?
NFTマーケティング。
  →http://自分らしさってなに.com/nfc/
   https://nofake.io/indexjp

<質疑 応答など>
プラズマプロジェクトとは。どうなの?→???ライバル?

KYCがある、DEXは?→ファエルモーク、3社
KYCのリストを作りたい。→セキュレイティートークン向け

大きくKYC DEX 集権取引 の3つにわけている。
セキュリティトークン:https://ja.wikipedia.org/wiki/

AMEXは?
→税金は、どうなのかな?規制中。

DEXは、日本では調査中。
→プラットフォーム、マネタイ、セキュリティー、ライセンス。
 
*ブロークン日本語なので、意味不明なところがあったが。。。今日はDEX(分散型取引)の話より、題目がマネタイの話がメインだったような。。。やっぱり、マネタイは現状、難しいのだろう。
posted by Blockchainer Ishigami at 13:44| Comment(0) | Dapps 分散アプリケーション