2018年07月18日

「投げ銭」 新しい寄付などサポートの形

「投げ銭」 新しい寄付などサポートの形

スポーツチームに投げ銭できる形
https://jp.techcrunch.com/2018/07/17/engate-cheer-for-sports-with-tokens/


ポイントを日本円で購入して、そのポイントを色々なチームのコンテンツに投げ銭。
投げ銭に、ブロックチェーンのトークンを用いる。

簡単な、仕組みである。新しい、考えとしては、そのポイントが他と互換性があるとなおいい。楽天ポイント、ラインポイントなどなど。

そこに集約されて、ポイントを投げ銭、それも受け取る側が増えれば、これはいい!

あとは、規制の問題ですね。ポイントを法定通貨で購入は、何になるのか?
電子マネー?と扱えると考えれる。

特に、今のところ問題ないのでは。

posted by Blockchainer Ishigami at 11:39| Comment(0) | 暗号通貨 仮想通貨

2018年07月09日

ホリエモン祭 180707

kimg6160.jpg

ホリエモン祭

仮想通貨編に参加。
イーサリアムプレセールの時に、購入したと話していた。
プレセールの時に15億円、調達した話であったが、現状は1000倍近くになっているそうである。

イーサリアムは、スマートコントラクトで、色々なサービス提供も考えらる。
現状は、トークン関連を整理整頓して、次へ、のことである。
スマートコントラクトを普及させる方法の一つであるが課題もある。今回のイベントではその辺の話はなかったが、過渡期である。

スマートコントラクト、プライベート型ブロックチェーンを使って、今後としてトークンエコノミーは拡がりを見せるであろう。

ホリエモンが、具体的に話していたのは、「ポイント」を集約させる事をやったほうがいいのではと。楽天では、2兆円?のポイントが存在しているらしい、他にも色々あるがバラバラである。それをまとめる。など色々とできそうだと。
VALUEの小川さんからも、VALUEについいてもお話がありました。
アプリをIOSから出すそうです。アプリが無かったのは痛いですね。

などなど、「トークンエコノミー」は、元気になる要素はたくさんで、
ホリエモンは、数年で、大きく変わる可能性があると、予言していました。

オリンピックか?その後か?ぐらいだそうです。

posted by Blockchainer Ishigami at 20:04| Comment(0) | 暗号通貨 仮想通貨

2018年06月06日

CTF2018 ブロックチェーンの可能性を信じて 

CTF2018の動画と資料が配信内容を添付します。

http://2018.civictechforum.jp/data/ctf2018/org/speakers.php?mode=movie&id=48

勉強会は、愛知名古屋、岐阜で開催
内容は、ブロックチェーンに関する取り組み発表

<言い忘れ>
*東京都違って、技術系の方など人材が圧倒的に少ないのが課題です。

東京、大阪、福岡などと連携してやってゆきたい。その構築も、ブロックチェーン(DAO 分散型自律組織など)でという、志もある。中国、アメリカに対抗できるのは、「和」の力である。
posted by Blockchainer Ishigami at 13:22| Comment(0) | 総合