2019年02月06日

【190206 不定期講義 法務(金融とIT)関連 その1】Fintech概要

【190206 不定期講義 法務(金融とIT)関連 その1】Fintech概要

2017年に「仮想通貨交換業」の登録制を導入した資金決済法(資金決済に関する法律)の改正法が4月に施行され、16社が登録され開始したが、翌年2018年1月に改正の経過規定に基づくみなし仮想通貨交換業者が顧客から預託を受けていた仮想通貨NEMが大量(約530億円分当時レート)で外部に送信されるというコインチェック事件が発生した。そのために、業界は冷水をあび、業界全体に冷え切った状態が続いている。更に、顧客保護の観点から厳しい規制になってゆくだろうと予測ができる。
だが、銀行法等改正法のうち、電子決済等代行業の規制に関する部分は、銀行等の金融機関と顧客との間に立って、ITを活用した決済指図の伝達や口座情報の取得・顧客への提供等を行う新しいサービス(いわゆる、オープンAPIの取組みを含む)に業者の登録制を導入するとともに利用者保護から図ることを目的としている。
 現状は、IT(情報技術)の発展、AI(人工知能)の金融への応用、前に述べたビットコインなど仮想通貨に使われている、デジタル技術のブロックチェーン(分散型台帳技術)も現れ、金融界ではFintech(フィンテック)という金融(Finance)と技術(Technology)を組みわせた造語もできている。日本国内では、更なる技術の発展を見越して2016年5月に「Fintech法」(情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律)が成立している。今後として、さらに動きが加速すると思われ、このように動きの激しい事象を、一国の法令にてタイムリーかつ適切に捕捉して必要な規制を加えてゆく事が重要視されている。余談:金融・税関連の法律は複雑かつ難題。

したがって、この講義では現状(サービス、技術など)を把握して、必要な法規制を理解し、将来の発展を見越した法整備をしてゆく重要性を理解することを目的とする。

第1講 Fitech総論 
(1)Fintechとは、金融(Finance)と技術(Technology)を掛け合わせた造語である。

(2)金融庁の検討経緯
 2015年9月18日金融庁が「平成27事務年度金融行政方針」:金融ないし金融関連業務でイノベーショナルなビジネスモデル構築でITスタートアップを目指す動きが活発になった。
(3)法律に見るFintechの定義
2016年5月25日には、「情報技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第62号)(いわゆるFintech法)が成立し、その本則では、銀行法を含め「、預金受け入れ業務を扱う農業協同組合法等の合計11本の金融法が改正されました(株式会社商工組合中央金庫法は改正されていない)
Fintechの業務の意味を実定法として規定
@ 様々な技術を活用した金融業の高度化に資する(見込みを含む)業務
A 様々な技術を活用した金融業の利用者の利便の向上に資する(見込みを含む)業務

・・・続く(不定期掲載)
posted by Blockchainer Ishigami at 22:55| Comment(0) | Fintech

2019年02月05日

【190205 不定期講義】スマートコントラクト その1(概要)

【190205 講義】スマートコントラクト その1(概要)

はじめ
昨今は、「スマート〇〇」と呼ばれる用語が多数あります。
スマートシティー スマートハウス スマートキー スマートロック スマートメーター
スマートグリッドなど

スマートグリッド:スマートグリッドとは、電力の送配電網に情報システムを統合し、高度で自律分散的な需給調整機能を持たせたもの。
詳細(参考)
https://www.kankyo-business.jp/dictionary/000181.php

スマートコントラクト(smart contract)を直訳すると賢い(=smart)契約(=contract)という意味になります。スマートは「スマートフォン」のスマートと同じですが、「自動化」と考えるのが分かりやすいです。
つまりスマートコントラクトとは契約の自動化(自動実行される契約)といえます。ここでいう「契約」とは、書面上で作成された契約のみをさすのではなく、「取引行動全般」をさします。つまりあらゆる契約行動をプログラム化し、自動的に実行しようとするものがスマートコントラクトです。(広義)
その他、Ethereum NEO NEMなどの特定なプラットフォーム上で使われる「スマートコントラクト」を狭義のスマートコントラクトとも言う。また、Ethereumはワールドコンピュターとも言われて、世界中で共有できるコンピュウターを目指す「プラットフォーム」です。世界中の人々が所有する価値(お金、土地、車、財産、権利など)をデジタルで表現し、デジタルで表現されて価値をプログラムで移転させることができる。

良く言われているのは、「中央集権型」「非中央主権型」である。

中央集権型(銀行、不動産など)は、現実社会では多く、実装され使われていますが、ブロックチェーン(分散型台帳技術)での紹介は、特定の企業、団体が管理するサーバーで提供されるサービスを「中央主権」と呼んでいる。一方、中央(特定の企業、団体)がなく、不特定多数の参加者同士のネットワークで自律分散的にシステムが動作しているモデルを「非中央主権」と呼ばれている。
中央主権型は、異なるサービス間での状態の共有が困難、各サービスで独自のデーターを管理するため、類似サービス間での情報の共有や互換性の保持などの連携が困難です。例えば、二つのオンラインバンキングを利用する際は、住所や電話番号などのアカウント情報が個別に管理されるため、登録や変更作業は各サービスで個別に行なう必要があります。
また、片方のオンラインバンキングでの残高をもう片方に引き継だり、2つのサービスの残高を一つのものとして扱う、といった連携も困難です。
したがって、ユーザーは自分のアカウント情報を複数のサービスをまたいで管理し、状況に応じて適切なサービスを使い分けるなどの作業が強いられる。
さらに、特定サーバーで提供されているサービスなので、サーバーの一時障害などでサービスを受けられなくなる、データーの紛失もあり得る。サービスを提供している企業の意向や倒産などの原因で、突然サービスの停止、内容などが変わってしまうリスクがあります。などなど。

よって、「中央集権型」は効率が悪く、リスクが高い仕組みです。−−−続く

次回は、ブロックチェーン(分散型台帳技術)について
posted by Blockchainer Ishigami at 17:23| Comment(0) | 総合

2019年01月29日

【190129】お金 銀行 証券 仮想通貨 歴史(*概要) 货币银行 证券 虚拟货币 历史(*纲要)Money Bank Securities Virtual Currency History (* Outline)

【190129】お金 銀行 証券 仮想通貨 歴史(*概要)

1119年エルサレムの巡礼を保護する、テンプル騎士団が「近代銀行の基礎」になった。
190129 銀行はじまり 1.JPG

1602年航海リスクから出資をつのり、貿易後に配分など世界初の株式会社オランダインドから「株式会社の基本ルール」

190129 株式会社はじまり 2.JPG

1801年にロンドンで証券所が開設、日本は1878年東京証券取引所が開設。(渋沢栄一、大隈重信が関る)

190129 証券会社はいじまり 3.JPG

1971年ベトナム戦争後のアメリカドルショックにより、「金本位制」が終わる
1985年プラザ合意により、為替は変動為替性へ
2008年サブプライムローンで金融機関が一時、麻痺する。
    ビットコインの原点である、サトシ・ナカモトの論文が発表
2009年ビットコインの最初のマイニングが行われる
2014年Mout Goxによる、仮想通貨流出事件
2016年日本の仮想通貨の法整備はじまる
2018年コインチェックによるNEM流出事件(約580億円)

190129 近代 仮想通貨はじまり 4.JPG

【190129】货币银行证券虚拟货币历史(*纲要)

1119年,保护耶路撒冷朝圣的圣殿骑士团成为“现代银行的基础”。

从1602年的航行风险中,我们在贸易后做出了贡献,世界上第一家来自荷兰,印度有限公司的分销商等来自印度的“公司基本规则”

证券办公室于1801年在伦敦开业,日本于1878年在东京证券交易所开业。 (Eiichi Shibusawa,Shigenobu Okuma参与其中)

“黄金标准体系”以1971年越南战争后的美元震荡告终
根据1985年的广场协议,汇率波动汇率
金融机构在2008年暂时陷入次级抵押贷款瘫痪状态。
由Satoshi Nakamoto提出的论文,比特硬币的起源
比特币的第一次采矿将于2009年举行
2014年Mout Gox的虚拟货币流出事件
日本虚拟货币的法律发展始于2016年

【190129】 Money Bank Securities Virtual Currency History (* Outline)

In 1119 the Knights of Templar to protect the pilgrimage of Jerusalem became "the foundation of modern bank".

From the voyage risk in 1602, we made a contribution after trade, the world's first distributor, etc. from the Netherlands, India Co., Ltd. "Basic rules of corporation" from India

A securities office opened in London in 1801, Japan opened in 1878 Tokyo Stock Exchange. (Eiichi Shibusawa, Shigenobu Okuma is involved)

"The gold standard system" ends with the US dollar shock after the Vietnam War in 1971
According to the Plaza Agreement in 1985, the exchange rate to fluctuate exchange rate
Financial institutions temporarily paralyzed by subprime loan in 2008.
Papers presented by Satoshi Nakamoto, the origin of bit coin
The first mining of bit coins will be held in 2009
Virtual currency outflow incident by Mout Gox in 2014
Legal development of Japanese virtual currency starts in 2016
NEM outflow incident by coin check in 2018 (about 58 billion yen)
posted by Blockchainer Ishigami at 16:23| Comment(0) | 総合