2019年03月03日

【190223】ブロックチェーンナイト に参加して

【190223】ブロックチェーンナイト に参加して

KIMG1315.JPG


ブロックチェーンハッカソンの副賞として、招待されました。
東京の浜松町の近くのホテルで、古巣の本社が。。。

KIMG1317.JPG


来ているメンバーは、外国人がほとんどで、ブロックチェーンに精通している人は少ない状況だった。
投資家が多く、実際にブロックチェーンを扱っている人を探しているメンバーと多く話をした。国内の金融系、台湾の投資家、シンガポールの投資家、インド系などなど。日本人は、興味がある人が参加していたレベルが多かった。

KIMG1318.JPG

中には、アメリカ人の人は、日本でいう仮想通貨を扱っているメンバーもいて、話していて〇〇な雰囲気を漂っていた。経験値から、よくない人間は同じだなと感じるメンバーで、こちらが英語をしゃべるのが苦手と思ったのか、わからないと思ったのか?差別的な発言をしていた。

収穫なのは、日本人のエンジニアの方と話していて、今後として保険業界も連携をして同じデータベースを構築予定であり、ほぼ決定である。より一層、改竄できない仕組みなども重要であるが、データの取り扱いに対しての「倫理」を先に対応しないといけないと強く思った。

全般的には、ブロックチェーン(分散型台帳技術)のビジネス可能性を気づいて、集まっている方が多く、ブロックチェーン(分散型台帳技術)の広がりを感じた会でした。


posted by Blockchainer Ishigami at 12:33| Comment(0) | 暗号通貨 仮想通貨

2019年03月01日

【190209】ブロックチェーンハッカソン2019に参加して

【190209】ブロックチェーンハッカソン2019に参加して

51518516_10161454879570344_3816752039396900864_o.jpg


2019年2月9日に麹町のLifull HUBで開催!
印象的だったのは、主催者の方の挨拶が個人的には、刺さりました!
「データーはエントロピーの増大的な考えができる?」
いやー、びっくり、自分が気づいた点はそこである。環境問題の本質は、エネルギーであり
それをどう追及することが重要であると仮説を5年以上前からたてていて、追求する手段はICTだとわかっていて、コア技術は何?を探していたらブロックチェーン(分散型台帳技術)でいけるぞ!気づいたのである。さらに、エントロピーの増大を防ぐのは、「貨幣価値の基準」を変えることであり、ブロックチェーン(分散型台帳技術)で基準が決められると仮説を立てたのが5年以上前である。

<写真>
51407543_10161456385465344_126399126584688640_o.jpg


一日目午前は、色々な運営説明と現状のブロックチェーン(分散型台帳技術)の説明会、ハンズオンを開催、はじめてNEMのを参加したのですが。。。環境設定で時間をとられてしまいました(開発用パソコン持参せず)

午後はチームビルディング、普通のチームビルディングでなかったので個人的には、いつもエンジニア不足になのでエンジニアの方を、集めてメンバーを組みました。
チームでテーマ決めへ。通常と違う、プロセスですが、チームでは「教育」を中心に話をしました。この決め方も通常の収束プロセスでなく曖昧だったので、会場クローズ後、居酒屋に行って議論。そこでも、纏まらず。2日以内に、シナリオ(ストーリー)を考えることに。

<写真>
iOS の画像.jpg


2日目以降は、自分が中心になって動かすのが良かったのですが、なんせ、東京で愛知からだと対応ができないので他の人にお願いしました。
皆さんが忙しすぎたので、自分がシナリオのたたき台を提出しました。
「教育」での、小中生徒の「健康管理」、現状虐待の問題(DV)での現状把握。

<PDF>
190213 BlockchainHC2019 案(たたかれ台).pdf


ハッカソン2日目
参加できず。 遠隔で参加(遠隔参加可のハッカソン)

ハッカソン3日目

参加予定でしたが、かなわず。

52332963_10161486672495344_822758954722394112_o.jpg


<内容 PDF>
team19_HealMes オープン.pdf



<副賞 3つ受賞 写真>
52300332_10161487024965344_4876718344205500416_n[1].jpg


お疲れさまでした!
最終日のようすをメンバーに感想聞くの忘れた。。。

経産省から最優秀など
  ↓
http://www.meti.go.jp/press/2018/02/20190228004/20190228004.html





posted by Blockchainer Ishigami at 17:09| Comment(0) | ブロックチェーン及び分散型台帳技術

2019年02月06日

【190206 不定期講義 法務(金融とIT)関連 その1】Fintech概要

【190206 不定期講義 法務(金融とIT)関連 その1】Fintech概要

2017年に「仮想通貨交換業」の登録制を導入した資金決済法(資金決済に関する法律)の改正法が4月に施行され、16社が登録され開始したが、翌年2018年1月に改正の経過規定に基づくみなし仮想通貨交換業者が顧客から預託を受けていた仮想通貨NEMが大量(約530億円分当時レート)で外部に送信されるというコインチェック事件が発生した。そのために、業界は冷水をあび、業界全体に冷え切った状態が続いている。更に、顧客保護の観点から厳しい規制になってゆくだろうと予測ができる。
だが、銀行法等改正法のうち、電子決済等代行業の規制に関する部分は、銀行等の金融機関と顧客との間に立って、ITを活用した決済指図の伝達や口座情報の取得・顧客への提供等を行う新しいサービス(いわゆる、オープンAPIの取組みを含む)に業者の登録制を導入するとともに利用者保護から図ることを目的としている。
 現状は、IT(情報技術)の発展、AI(人工知能)の金融への応用、前に述べたビットコインなど仮想通貨に使われている、デジタル技術のブロックチェーン(分散型台帳技術)も現れ、金融界ではFintech(フィンテック)という金融(Finance)と技術(Technology)を組みわせた造語もできている。日本国内では、更なる技術の発展を見越して2016年5月に「Fintech法」(情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律)が成立している。今後として、さらに動きが加速すると思われ、このように動きの激しい事象を、一国の法令にてタイムリーかつ適切に捕捉して必要な規制を加えてゆく事が重要視されている。余談:金融・税関連の法律は複雑かつ難題。

したがって、この講義では現状(サービス、技術など)を把握して、必要な法規制を理解し、将来の発展を見越した法整備をしてゆく重要性を理解することを目的とする。

第1講 Fitech総論 
(1)Fintechとは、金融(Finance)と技術(Technology)を掛け合わせた造語である。

(2)金融庁の検討経緯
 2015年9月18日金融庁が「平成27事務年度金融行政方針」:金融ないし金融関連業務でイノベーショナルなビジネスモデル構築でITスタートアップを目指す動きが活発になった。
(3)法律に見るFintechの定義
2016年5月25日には、「情報技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第62号)(いわゆるFintech法)が成立し、その本則では、銀行法を含め「、預金受け入れ業務を扱う農業協同組合法等の合計11本の金融法が改正されました(株式会社商工組合中央金庫法は改正されていない)
Fintechの業務の意味を実定法として規定
@ 様々な技術を活用した金融業の高度化に資する(見込みを含む)業務
A 様々な技術を活用した金融業の利用者の利便の向上に資する(見込みを含む)業務

・・・続く(不定期掲載)
posted by Blockchainer Ishigami at 22:55| Comment(0) | Fintech