2018年10月29日

【181029】プライベート型ブロックチェーン R3 Corda

【181029】プライベート型ブロックチェーン R3 Corda

R3 Cordaは、
コンソーシアムの共同の努力により、より複雑な取引を処理し、取引データへのアクセスを制限するため、特に金融界に向けられたCorda と呼ばれるオープンソースの分散型元帳プラットフォームが作成された。ブロックチェーンデータベースに触発され、ブロックチェーンの利点の多くを期待されているが、ブロックチェーンではないとR3は主張する。wikiより一部抜粋

詳細 
 ↓
https://www.miyukiblog.com/archives/6285

KIMG0156.JPG

久しぶりに、R3 Cordaの状況を伺いました。エンタープライズ版がもうそろそろ、発表されるそうです。
基本的には、ブロックを形成するのではなくて、分散された台帳を取り扱う技術であり、分散型台帳技術と言われて、日本でよく言われる、ブロックチェーンではないと主張している。
基本的に、ブロックチェーンは分散型台帳技術であるので今後議論が必要である。

今回の、R3 Cordaの面白さは、段階別にセキュリティーのランクを決めれることである。
セキュリティーが重要なデータをわけて管理ができることである。
それに合わせて、当然コストも違うのでしょう。さらに、パブリック型ブロックチェーンとプライベート型ブロックチェーンを合わせた形で、プライベート型でも、全体をパブリック型のようにも使える仕様である。

R3は、プラットフォームが重要で今のところ、銀行が中心になっている。
Hyperleger Fabricもあるので今後の、展開を注視したいと思います。
R3 CordaはマイクロソフトのAZUREが中心に動いている事らしい。

ブロックチェイナー Blockchainer
      石神 勝博 Katsuhiro Ishigami


posted by Blockchainer Ishigami at 19:59| Comment(0) | プライベート型

2018年10月25日

【181025】ブロックチェーンカンパニー 世界状況2018

【181025】ブロックチェーンカンパニー 世界状況2018

現状は、
アクセンチュアー
        https://www.accenture.com/us-en/new-applied-now
IBM
        https://www.ibm.com/jp-ja/
NTT DATA
        http://www.nttdata.com/jp/ja/
LTI
        https://www.lntinfotech.com/

Blockchain-Services-RadarView-2018-for-web.jpg

世界でのブロックチェーン及び分散型台帳技術のリーダーカンパニーを把握。
色々と、実証実験(POC)をしているが各々詳細は、見えてきていない。

今後、日本のNTTDATAさん同様に、確認をしてゆきたい。

次回は、世界のブロックチェーンイノベーターカンパニーも調べてゆきたい。
2018年から、裾野が広がってきた、ブロックチェーン及び分散型台帳技術(DLT)

特に、NTTDATAさんは、急激な広がりである。実証事件も、世界中でしている。それも含めて、技術&ビジネス
視点で把握して活かしてゆきたい。

ブロックチェイナー
      石神勝博
posted by Blockchainer Ishigami at 12:24| Comment(0) | 総合

2018年10月23日

【181023】ブロックチェーン企業の講演(NTTデータ様)

【181023】ブロックチェーン企業の講演(NTTデータ様)

日本では、あまりブロックチェーンに関しての関心が薄いネット上での関心度である。中国が圧倒的なトップである。特許数でみると、日本の企業の関心は高いと感じている。

KIMG0140.JPG

ブロックチェーンへの変化は3段階で進んでいく。
現行リプレース⇒パラダイムシフト⇒進化の先端(環境適合迅速化かな)

KIMG0146.JPG

現行もシステムだと、ブロックチェーンは動かいない。ブロックチェーンを含んだシステムにリプレースしてゆく。主導権を握るのはどこだろう。。。

KIMG0124.JPG

今後として、パブリック型ブロックチェーンもプライベート型ブロックチェーン、コンソーシアム型ブロックチェーンになるのか?淘汰されてくる事は確かです。

KIMG0141.JPG

ブロックチェーンのアクティブティーは3つにわかれる。

KIMG0143.JPG

個人的には、ブロックチェーン及び分散型台帳技術などを含んだ、強固なセキュリティーの社会基盤になってゆくことは確実であるが、どこの技術を使って、世界の主流になるのは、わからない。
中国なのか?アメリカなのは?ヨーロッパ?

あるいは、新興国のベンチャー? 第2のマイクロソフトが出てくるのは確実である。

ブロックチェイナー
      石神勝博


posted by Blockchainer Ishigami at 17:54| Comment(0) | ブロックチェーン概念