2018年10月23日

【181023】マネーの将来 ブロックチェーン及び分散型台帳技術視点で


マネーの将来
日本金融学会2018年度秋季大会における特別講演
日本銀行副総裁 雨宮 正佳
2018年10月20日
の講演内容を日銀のHPで見つけて読んでみた。

http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2018/ko181020a.htm/

中央銀行と銀行の2重構造の必要性を説いていた。あと、暗号通貨の決済可能性を言及していた。
確かに、大きな日本の仕組みを変えるので、簡単にできるととは言えないが、日本円とリンクできる
システムならどうなのか?

NEM財団、イーサリアム財団などが存在していて、各財団独自のブロックチェーン基盤で動いている。
交換はイーサリアム、NEMなどである。
シンプルに可能である。

イーサリアム上で各々のトークン(通貨みたい)を発行できる。
イーサリアムのみ交換できるトークンである。

簡単に言うと、イーサリアム=円にして、円と交換できるトークン(地域通貨、地域ポイント、商品券など)
を発行でき、交換できるのは円のみ。

当然、海外(中国、東南アジア、アフリカなど)はそうなるだろう。
日本も同じシステムを取れば、簡単に電子決算、交換ができる。

時代は、そうなってきているので、既得権益的に銀行を守る必要はないと考えれるが、個人的にはある規模の地域には銀行が必要と考えている。そこが、日銀のように地域通貨を発行する案もある。
地域ごとの経済状況が、通貨の価値でわかるなど面白い取組だと思っている。

これは、超マニアックなので、ブロックチェーン及び分散型台帳技術を理解した金融の将来を考えれる方と
議論をして、新しい「お金のあるべき姿」を一緒に考えたい。

現状は、雁字搦めの規制で難しいけど。。。。

ブロックチャイナー
     石神勝博

posted by Blockchainer Ishigami at 05:00| Comment(0) | Fintech