2019年03月03日

【190223】ブロックチェーンナイト に参加して

【190223】ブロックチェーンナイト に参加して

KIMG1315.JPG


ブロックチェーンハッカソンの副賞として、招待されました。
東京の浜松町の近くのホテルで、古巣の本社が。。。

KIMG1317.JPG


来ているメンバーは、外国人がほとんどで、ブロックチェーンに精通している人は少ない状況だった。
投資家が多く、実際にブロックチェーンを扱っている人を探しているメンバーと多く話をした。国内の金融系、台湾の投資家、シンガポールの投資家、インド系などなど。日本人は、興味がある人が参加していたレベルが多かった。

KIMG1318.JPG

中には、アメリカ人の人は、日本でいう仮想通貨を扱っているメンバーもいて、話していて〇〇な雰囲気を漂っていた。経験値から、よくない人間は同じだなと感じるメンバーで、こちらが英語をしゃべるのが苦手と思ったのか、わからないと思ったのか?差別的な発言をしていた。

収穫なのは、日本人のエンジニアの方と話していて、今後として保険業界も連携をして同じデータベースを構築予定であり、ほぼ決定である。より一層、改竄できない仕組みなども重要であるが、データの取り扱いに対しての「倫理」を先に対応しないといけないと強く思った。

全般的には、ブロックチェーン(分散型台帳技術)のビジネス可能性を気づいて、集まっている方が多く、ブロックチェーン(分散型台帳技術)の広がりを感じた会でした。


posted by Blockchainer Ishigami at 12:33| Comment(0) | 暗号通貨 仮想通貨

2018年10月15日

【181013】ワールド・ブロックチェーン・フェスティバル2018

【181013】ワールド・ブロックチェーン・フェスティバル2018

たWorld Blockchain Festibal(ワールド・ブロックチェーン・フェスティバル)2018に参加(登壇者が良かったです)

基調講演に、元金融担当大臣の竹中平蔵氏、NEM盗難事件の際に犯人を追えるところまで追ったGIFTED AGENTの河崎純真さん(社会起業家)などが講演。

KIMG0002.JPG

KIMG0004.JPG

KIMG0005.JPG

KIMG0015.JPG

去年のダボス会議ではAIが議論
今年はAIは当たり前、ブロックチェーンをどう使うかという議論

@ 第4次産業革命(ドイツが提言。AI、ブロックチェーンが重要)
A 日本は出遅れている(霞が関、永田町の動きが遅い)
B 日本メディアはモリカケ問題
C お年寄りにも分かるブロックチェーンの分かりやすい解説
D 若手議員でのブロックチェーンに関わる議員立法(サイバーセキュリティ対策など)
E サイバーセキュリティーでのビジネスアチャンスある(NEC、富士通などの技術を世界で採用)
F    中国の杭州市アリババ本社の話もありました。スーパーシティー構想。ウルトラ国家戦略特区構想

原則、竹中先生のお話を伺いたかったが、全てが良かったです。(竹中先生は写真不可)

色々な取り組み、リバタリアン的な内容(一般論なので割愛)

KIMG0034.JPG

KIMG0035.JPG

KIMG0036.JPG

KIMG0045.JPG

KIMG0048.JPG

【このビジネスモデルは他でも応用できる】

KIMG0049.JPG

ノアコイン、泉さんをよく知りませんでしたが(フィリピンで使われていて、破綻しそう?詐欺?とかなど)
ノアコインの表面的な考え方は、良かったのとNEM財団、ノア財団、イーサ財団とかの考えが良くわかってきたので、今度しっかり調べていきたいと思いますが、日本国にとっても、比較で来て良い取組だと思います。また、新しいブロックチェーンインフラでの取組にも注視したいです。(ERC20ではなくなるらしい)

重要なのは、「世界標準」になり得る、ブロックチェーンテクノロジーかどうかである。

【フィリピンでのキーマン】
KIMG0072.JPG

フィリピンでの実装を行う予定ですが、どう化けるかは?未知数ですが、実装前のPOC的なところでは、いい感じがします。

最後は、生マライヤキャリー、最高!
posted by Blockchainer Ishigami at 14:27| Comment(0) | 暗号通貨 仮想通貨

2018年07月18日

「投げ銭」 新しい寄付などサポートの形

「投げ銭」 新しい寄付などサポートの形

スポーツチームに投げ銭できる形
https://jp.techcrunch.com/2018/07/17/engate-cheer-for-sports-with-tokens/


ポイントを日本円で購入して、そのポイントを色々なチームのコンテンツに投げ銭。
投げ銭に、ブロックチェーンのトークンを用いる。

簡単な、仕組みである。新しい、考えとしては、そのポイントが他と互換性があるとなおいい。楽天ポイント、ラインポイントなどなど。

そこに集約されて、ポイントを投げ銭、それも受け取る側が増えれば、これはいい!

あとは、規制の問題ですね。ポイントを法定通貨で購入は、何になるのか?
電子マネー?と扱えると考えれる。

特に、今のところ問題ないのでは。

posted by Blockchainer Ishigami at 11:39| Comment(0) | 暗号通貨 仮想通貨