2019年03月01日

【190209】ブロックチェーンハッカソン2019に参加して

【190209】ブロックチェーンハッカソン2019に参加して

51518516_10161454879570344_3816752039396900864_o.jpg


2019年2月9日に麹町のLifull HUBで開催!
印象的だったのは、主催者の方の挨拶が個人的には、刺さりました!
「データーはエントロピーの増大的な考えができる?」
いやー、びっくり、自分が気づいた点はそこである。環境問題の本質は、エネルギーであり
それをどう追及することが重要であると仮説を5年以上前からたてていて、追求する手段はICTだとわかっていて、コア技術は何?を探していたらブロックチェーン(分散型台帳技術)でいけるぞ!気づいたのである。さらに、エントロピーの増大を防ぐのは、「貨幣価値の基準」を変えることであり、ブロックチェーン(分散型台帳技術)で基準が決められると仮説を立てたのが5年以上前である。

<写真>
51407543_10161456385465344_126399126584688640_o.jpg


一日目午前は、色々な運営説明と現状のブロックチェーン(分散型台帳技術)の説明会、ハンズオンを開催、はじめてNEMのを参加したのですが。。。環境設定で時間をとられてしまいました(開発用パソコン持参せず)

午後はチームビルディング、普通のチームビルディングでなかったので個人的には、いつもエンジニア不足になのでエンジニアの方を、集めてメンバーを組みました。
チームでテーマ決めへ。通常と違う、プロセスですが、チームでは「教育」を中心に話をしました。この決め方も通常の収束プロセスでなく曖昧だったので、会場クローズ後、居酒屋に行って議論。そこでも、纏まらず。2日以内に、シナリオ(ストーリー)を考えることに。

<写真>
iOS の画像.jpg


2日目以降は、自分が中心になって動かすのが良かったのですが、なんせ、東京で愛知からだと対応ができないので他の人にお願いしました。
皆さんが忙しすぎたので、自分がシナリオのたたき台を提出しました。
「教育」での、小中生徒の「健康管理」、現状虐待の問題(DV)での現状把握。

<PDF>
190213 BlockchainHC2019 案(たたかれ台).pdf


ハッカソン2日目
参加できず。 遠隔で参加(遠隔参加可のハッカソン)

ハッカソン3日目

参加予定でしたが、かなわず。

52332963_10161486672495344_822758954722394112_o.jpg


<内容 PDF>
team19_HealMes オープン.pdf



<副賞 3つ受賞 写真>
52300332_10161487024965344_4876718344205500416_n[1].jpg


お疲れさまでした!
最終日のようすをメンバーに感想聞くの忘れた。。。

経産省から最優秀など
  ↓
http://www.meti.go.jp/press/2018/02/20190228004/20190228004.html





posted by Blockchainer Ishigami at 17:09| Comment(0) | ブロックチェーン及び分散型台帳技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: