2018年11月15日

【181108】DEX(分散取引所)などの現状

【181108】DEX(分散取引所)などの現状

KIMG0349.JPG

箇条書きですが。平謝り
https://radarrelay.com/
*Wallet to Wallet
*Ox Protocal
*Ledger MetaMASK

ETH,WETH 間の取引
(ERC20でない)
WETH:https://individua1.net/canonical-weth-erc20/

トークン・アローワンス関数 :https://tokenallowance.io/jp/index.html

RADAR 内だけ?172トークンがある。(未確認)

RELAYが色々と存在。スプレッドは
BOTの取引はどれぐらい?ON CHAINで見える?

おおきまき(さなぎまき)Dapps
東さん
+α 

OxDapps Ixとか競合、カイバー(大量注文ができる、少量でも)Idex。
スマートコントラクトが必要。

オードブックはOFFチェーン(仮)ONチェーン(本取引)

競合プラットフォーム
Oxはオフチェーンが多いのでスピードがはやい。注文作るなら、GASがかからない。

KYC:DEXはKYCをしなくて使える?RADARは全くKYCしていない。
法律的に難しいのでは?リストからのアドレスは取引ができる。(この辺りのやりとりは、非常に重要だけど、技術より規制を抑える必要があると、著者は感じる)

コインベースはバンク化へ。
テクノロジーベースでは、DEXは違う方向性。(バンク化へ)
KYCは?日本国内では、DEXは難しいので。KYCを利用して、DEXを使う。
DEXは、日本で普及するのか?規制で難しいのでは?

日本向けのKYCができたら、KYC管理になるのでは。
KYC管理は集権的取引所が多い、DEXは少ない。

DEXは増えている。
中央集権と非中央がコンビニエンスされる。(これも、規制で外圧か圧倒的なメリット)

DEXの問題、ユーザーに日本人は少ない。ウォレットをラップイーサに変える。(簡易化)

ステーブルコインが増える?(→規制がなかれば、そこそこ行くでしょう)
https://coiner.jp/stablecoin/

WTC:メジャーコインのエコシステムが必要。
ERC721トークン:規制外?
NFTマーケティング。
  →http://自分らしさってなに.com/nfc/
   https://nofake.io/indexjp

<質疑 応答など>
プラズマプロジェクトとは。どうなの?→???ライバル?

KYCがある、DEXは?→ファエルモーク、3社
KYCのリストを作りたい。→セキュレイティートークン向け

大きくKYC DEX 集権取引 の3つにわけている。
セキュリティトークン:https://ja.wikipedia.org/wiki/

AMEXは?
→税金は、どうなのかな?規制中。

DEXは、日本では調査中。
→プラットフォーム、マネタイ、セキュリティー、ライセンス。
 
*ブロークン日本語なので、意味不明なところがあったが。。。今日はDEX(分散型取引)の話より、題目がマネタイの話がメインだったような。。。やっぱり、マネタイは現状、難しいのだろう。
【Dapps 分散アプリケーションの最新記事】
posted by Blockchainer Ishigami at 13:44| Comment(0) | Dapps 分散アプリケーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: