2018年11月04日

【181104】フェアトレードとブロックチェーン の可能性(一部)

【181104】農業とブロックチェーン の可能性(一部)

参考文献
https://jp.techcrunch.com/2018/11/04/2018-11-01-agrifood-the-8trn-industry-thats-worth-your-salt/

 現状、農業もIoTなどを用いて、データを収集しビックデータを用いて、農業の効率化を実証している。
先日、ceatechでもクラウドを使って、ビックデータを分析する、利活用する団体などが設立された。

 そこで、農業にブロックチェーン及び分散型台帳技術は当然、使われる。
例えば、生産地の位置、時期、生産者なども消費者が知りたい内容である。
食べ物の「信用信頼」は、世界各国で重要視される。アトピー、アレルギー食品の混入は死を意味する事もある。

 ブロックチェーン及び分散型台帳技術の重要性は、増々、増してゆくであろう。

 さて、自分は「フェアトレード」に注目したい。フェアーなトレードである。
そこに、ブロックチェーン及び分散型台帳技術を用いる事で、生産地、生産者、移動手段、コストなどもタイムスタンプのように記録してゆく形を用いて、スマートコントラクトを用いて基準も設ける事ができる。

 更に、見える化で正当な取引化を判断できる。

 フェアトレードとなる。

 よって、ブロックチェーン及び分散型台帳技術は、ムリムラムダなくし「世界を美しく」する。

 ブロックチェイナー
         石神勝博
posted by Blockchainer Ishigami at 17:50| Comment(0) | ブロックチェーン及び分散型台帳技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: