2018年11月01日

【181101】AIとブロックチェーン及び分散型台帳技術 との可能性

【181101】AIとブロックチェーン及び分散型台帳技術 との可能性


Micorsoftさんから、一部ですが。

KIMG0172.JPG

 画像認識率、2016年(96%)で人間を超えている。これは、医療画像データ処理に使える。
始まっているところも、多いかもしれいませんがMRI、CTスキャンなどの医療画像データをAIで判断
させる。医者が大量のデータを確認するより、効率がいい。
最終的な、病気の判断は現状は、ベテランの先生が最終判断すればいい。その前段階の効率アップには
重要である。

 さて、そこにブロックチェーン及び分散型台帳技術は、今後として電子データを管理運営するときに
一部の悪意の持った人が、画像データを変更、修正をしていしまったら病気の判断が間違える、或いは
病気でないのに病気と判断される。その、データを改竄、修正ができないようにするのが、ブロックチェーン及び分散型台帳技術になるだろう。
 当然、処方箋のカルテにも使える。薬の作成にも、AIを使い、ロボットで処方できるようになるための
前提条件として、データーの安心安全である。

それが、重要な社会基盤になるだろう。医療電カルテの電子化が起爆剤だ。

 その他、AIのデータを見ると、音声認識も人間以上、文章の読解力の人間以上、機械翻訳は人間同等。
データの安心安全が確保できれば、色々な用途、サービスが可能である。

ブロックチェイナー
      石神勝博
posted by Blockchainer Ishigami at 19:25| Comment(0) | 総合
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: