2018年10月31日

【181031】トークンエコノミー 

【181031】トークンエコノミー 

トークンエコノミーについて少し。

KIMG0035.JPG

 個人的な見解ですが、トークンエコノミー自治について。
この写真は、真ん中に発電とありますが、それが自分が考えるトークンエコノミーである。
 
 まず、発電をした家(車)、自家用発電、太陽光、風力など発電した時に、トークンを発行する。
トークンも、色々と細かくできるがある規模で発行をする。

ある意味 トークン=地域通貨である。

 発電した家、設備などは地域通貨を得ることができるのである。これで、地域は発電で稼げるのである。
地域で、使用されなかった電力は売買することもできる。蓄電池にも貯めておくこともできる。(放電があるので注意)水素に変換もあり得る。(水素のが、インフラ維持コストが下がるかも)

トークン=地域通貨は、地域内で商品、サービスに変えることができる。
地産地消の、トークンである。


それが、分散型地域(社会)を形成する、単位で考えるとリスク分散にもなる。

 番外編では、大型発電も、火力、水力、原子力もあり、そこから各々トークンを発行してそのトークンを
買うことで電力が使える。発電ごとに独立採算にして原子力が嫌な人は、原子力トークンを買わなければいい、当然、原子力トークンは買わない人が多いと、原子力発電を維持できなくなり、原子力発電はなくなる。

それが、トークン民主主義にもなる。

原子力反対!!!と言うのではなく、それこそが民主主義である。そんな、使い方もできるブロックチェーン及び分散型台帳技術は、素晴らしい。私見ですが。

ブロックチェイナー
       石神勝博





【トークンエコノミーの最新記事】
posted by Blockchainer Ishigami at 19:01| Comment(0) | トークンエコノミー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: