2018年08月31日

180831 DApps のカンファレンス

DAppsのカンファレンスに参加。

180831 DApps.jpg

DApps 分散型アプリケーションである。本日(8月31日)の感じだと、今からである。
イーサリアムのトリフを使って、仮開発をしているが、UX/UIはかなり良くない事を使っていて
感じていた。今回ガチメンバーも強く思っているみたいです。

他にも、開発環境でも色々と、改善が必要であり開発者にとって使いにくそうであった。
それを改善するアプリケーションを開発しているメンバーいた。

パネルディスカッションでは、少し哲学思想的な話がでてきたが、最高の分散型アプリケーションは「通貨」
であるとパネリストが言っていたが、自律分散型のハード的なツールが通貨であると突っ込みを入れたくなった。通貨はそもそも、センタライズの方のツールであるので、色々と考えも「今から」であると理解できた。

今後として、なんちゃって、ブッロクチェーンを扱う人は消えるかと思うが、大半が消えるでしょう。
今、スキャムと言って、非難している人が将来スキャムになりそうである。

今日は、色々と勉強になった。ソフト的な分散型は、技術的にはできそうであるが規制などの調整がなかなか、難しそうである。
日本が、主導して進めたい分野でもある。はっきりと言うと変な誤解を生むので。。。

言える事は重要な、技術である。日本政府は、国家戦略として、進めるべきである。

ブロックチェイナー
     石神勝博


posted by Blockchainer Ishigami at 23:13| Comment(0) | ブロックチェーン及び分散型台帳技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: