2019年06月28日

【190628】環境と経済の両立に、 なぜ?ブロックチェーン及び分散型台帳技術か?その3  〜人間の神経から 概要〜

【190628】環境と経済の両立に、 なぜ?ブロックチェーン及び分散型台帳技術か?その3  〜人間の神経から 概要〜
190628 ブロックチェーン その3 補足資料.jpg
<参考:将来のモデル 知能編>わかりにくいかも。。。

仮説として、その2で書きましたが、神経がブロックチェーン及び分散型台帳技術だ!
(*前提:ブロックチェーン及び分散型台帳技術に見識がある方向け)

最終的に神経系になってゆくが、今のところ発展し行くための「過程」の一部であり、未来の展開は、どう?化学反応を起きるかが未知数である。

さて、ブロックチェーン及ぶ分散型台帳技術は神経を作っているゼロステップ段階である。
人でいうと、「脳」に繋がっている神経網である。
地球規模では、インターネット網が既に存在している、そこが発展してゆく前段階である。

人間の神経網 →中枢神経系
       →末梢神経系→体性神経
             →自律神経 
       
になるだろう。
@ 目、鼻、耳など5感(センサー)を脳につなげる神経
A 手足に命令する、伝える神経
B 体温、血圧、脈拍などを自律的に制御する神経

特にBが、AI(人工知能)になってゆく要素がみられる。
自律的にデータを吸い上げて、処理をしてゆく。心臓、血圧なども外からの環境変化で自律的に制御している。センサーが肌。粛々とコントロールする(感情、判断が必要ない)
今の、現状だと、ホワイトカラーの事務処理なのかもしれない、基準さえあれば粛々と進んでゆく。AI(人工知能)でできることである。自律的にデータを処理してゆく。

現状、問題点は自律的に処理するためには、処理するデータの信用信頼性が高くないといけない。人間なら血圧、脈拍制御を間違えると死んでしまう。
なので、データの信用信頼を高めて、人工知能で自律処理させるのが、大前提になる。
なので、データの信用信頼を高める、ブロックチェーン及び分散型台帳技術である。

現状は、発展途上であるが、ビットコインなどで使われている、「ゲーム理論」を取り入れたPoW(プールオブワーク)などコンセンサスアルゴリズムでデータの信用信頼を保っている(前提:ある程度、ブロックチェーン及び分散型台帳技術に理解がある人向けに書いています)PoWは、コンピュターのマシンパワーで左右されてしまうところがあるので、将来性はないかと思われますが、他の考えのアルゴリズムは、ネットワーク参加者の信用信頼度をスコア化して、その人たちの信用信頼度を付加した多数決でデータの信用信頼を決めるアルゴリズムなども存在している。

まだまだ、発展途上であるが、データの信用信頼を高めて、自律神経を作り上げている段階であると仮説を立てている。話が、飛び過ぎていますが。

「人」は本能的に、「人」を守る動きになってきていると考えています。
そのためには、自分らが住める「環境」構築が重要である。

地球環境を守り、人間が生きてゆく動きをしている。地球がある意味、「生き物」になり自分らで守ってゆく動きを「人」を使ってやっている。

先ずは、エネルギー効率向上、でも、戦争などで一瞬にして滅びる可能性を秘めているので、「為政者」が重要であることは変わりない。





 
posted by Blockchainer Ishigami at 17:11| Comment(0) | 総合