2019年04月30日

【190430 今後の課題】革新技術普及の共通課題

【190430 今後の課題】

ブロックチェーン(分散型台帳技術)など革新技術の普及の課題は、「規制」である。
10年以上前から、技術・研究関係の方々と勉強会などを通して議論はしているが現実的な解決には至っていない。今回の、ブロックチェーン(分散型台帳技術)に関する「仮想通貨」も政治・行政側がしっかりとアンテナをはり、色々と検討しながら規制を作りあげるべきであり、規制も一部の方の意見だけでしっかりとした、検証をしないでの進め方には、行政側の世の中の変化のスピードを考えた検証プロセスが存在しないことも「気づき」であった。

「モノづくり」には、世の中に商品を出す時のプロセスが存在している。
大きな違いは、製品を購入するのは客が決めることなので、使い勝手が悪い、高い、デザインが悪い、品質が良くないなどなどで判断などをしている。
しかし、規制は客の判断ではなく、「守るべき」となってしまう。特に、法律は国民が守り、行政など規制側が管理監督をすることにもなる。「判断」でなく「強制」的になる。

なら、どうする?
モノづくりでも、いきなり世の中に出さないのである。会社の中でしっかりと検証して、品質管理、市場調査などをやっている。サンプルを作り、簡易的な市場確認もする。

大手は、一部の限定的な製品として、地域を限定するなどをしている。
なら、規制(法律も)同じことをすればいいのでは?
一部の地域に限定(特区など)して規制をサンプル的にやってみる。あるいは、現状の規制をがらっと変えて新しい規制で限定的にやってみる。などである。
だが、問題がある。今の、規制(法律)を限定的でも変えられないのである。

金融、税制関連の規制はぐちゃぐちゃである。ICTの力を借りても、管理維持、メンテに手間がかかる。経済の血液である「お金」が血管のつまりで、機能していない状況である。
渋沢栄一翁(道徳経済合一説)が望んだ仕組みなのか?よく考えてほしいものだ。

その複雑な、規制を根本から変えるのは「ブロックチェーン及び分散型台帳技術」基盤である。

しかし、規制の壁が。規制の基である「憲法改正」しかない。第8章!

以上

posted by Blockchainer Ishigami at 13:54| Comment(0) | 総合